長期回線優遇という言葉を良く聞くけれど、「長期」って具体的にどれくらいのことか知っていましたか?

長期回線優遇という言葉を良く聞くけれど、「長期」って具体的にどれくらいのことか知っていましたか?

新料金プランになってから「長期回線優遇」という話を良く聞くようになりました。

短期間でMNPを繰り返している人より、長期にわたって同じキャリアを使い続けている人を大事にしようという動きなんです。

が、この長期回線、どれくらいの期間で「長期」扱いになるのかわかりますか?

 

一般的にキャリアが期間を見る際には「2年契約」をまたいでいるかを気にしているようです。

2年間は解約しませんよ、という約束の「2年契約」ですから、これを破っていないか、というのがひとつの基準だとのこと。

ある携帯ショップの店員さんの話ですが、ドコモでは2年契約を守ってる回線が一つ以上あるといろいろ得だとかなんとか。

 

もうひとつの基準は「10年以上」。10年といえば超長期契約者ですね。

こちらの回線を持っていると毎月の料金も安くなりますし、プレミアムユーザーとして優遇されますので、目指したいものです。

 

逆に「一年未満」の回線しか持っていない人はあまり大事に扱われず、簡単にブラックリスト入りしてしまったりするようです。

なので、1年未満の回線ばかりの人はMNPやりすぎにはくれぐれも注意したいところだと思います!

iPhoneXSとiPhoneXSMax大量入荷決定!予約はこちらから!WEB問い合わせした人限定でキャッシュバックも! おとくケータイ.netお問い合わせフォーム





コメントを残す


サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析