ドコモの「回線休止サービス」を携帯乞食で有効活用する方法とは?機種変更で威力を発揮します!

ドコモの「回線休止サービス」を携帯乞食で有効活用する方法とは?機種変更で威力を発揮します!

ドコモで最低維持費が高くなりました。

パケット定額が加入必須になりましたし、基本料金だけにしても通話定額が必須で3000円ほどかかります。

とても、寝かせ回線として維持費は高すぎますよね。

 

そこで、安く維持する裏技として使えるのが「回線休止」、つまり「番号保管サービスです。

こちらを利用すると月額400円で電話番号保管ができます。

一時的に番号が使えなくなるものの、回線維持ができる優れものです。

利用期間にもカウントされます。

 

ですが、これを常用するとブラックリスト入りしてしまいますので、MNP転入して即番号保管、半年後にMNP転出というのはやめたほうがよいです。

 

ここでは、そうではなく、「機種変更」をすることで上手くこのサービスを活用します。

機種変更でお得な案件を渡り歩くために、番号保管サービスを使うのです。

 

機種変更するときには一時的に番号保管を解除する必要はありますが、月額たった400円ですので、やってみる価値はあります。

iPhoneXSとiPhoneXSMax大量入荷決定!予約はこちらから!WEB問い合わせした人限定でキャッシュバックも! おとくケータイ.netお問い合わせフォーム





コメントを残す


サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析