5回線の枠が埋まっていてもMNPできる「切断型MNP」とは?

5回線の枠が埋まっていてもMNPできる「切断型MNP」とは?

通常キャリアごとに回線の上限というモノが決まっていて、5回線までが基本です。

6回線以上は持つことが出来ません。

そのため、AUとドコモで5回線ずつ持っていたりする場合、どちらにもMNPすることができず身動きがとれない状態になってしまいます。

そこで使うのが「切断型MNP」。

解約を伴うMNP番号発行をすることで、いったんわくをあけることができます。

一度ドコモショップやAUショップで「解約を伴うかたちでMNP番号を発行してください」と言えばいいだけです。

その場で解約扱いになるため、翌日にはそのキャリアにMNP転入することができます。

これで5回線ずつ埋まってるキャリアでもMNPができるというわけです。

上限ギリギリで攻めている人には常識かもしれませんね。

iPhoneXSとiPhoneXSMax大量入荷決定!予約はこちらから!WEB問い合わせした人限定でキャッシュバックも! おとくケータイ.netお問い合わせフォーム





コメントを残す


サブコンテンツ

最近の投稿

amazonのお買い得品

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析